まいあがれ!おもち団!

おもしろ攻略ブログ。ドラクエ10の楽しさをお届けします!レベル上げ、金策日記、強ボス、スキル、モンスター冒険記、など盛りだくさん!

*

ベリアル

 

 

beriaru

 

HP:26900程度 攻撃力:730程度 守備力:213程度

行動:打撃、ヘルファイア、デスファイア、ベホマ
イオナズン、イオグランデ、ジゴスパーク、

★必要耐性:光耐性、ブレス耐性、マヒガード

 

 

基本戦略

攻撃力が非常に高く、前衛でも2発耐えることができません。

すばやい回復に合わせて、ヘナトスやスクルトがあればかなり楽に戦えるようになります。

 

ベリアルのしゅび力は低いので、

物理の場合はバイキルトなしでも十分ダメージをいれることができます。

アタッカーはヘナトス効果のついたウデを装備しくとよいでしょう。

 

ベリアルの行動パターンとその対策

ベリアルは範囲攻撃を多用してきます。

まず、ヘルファイアとデスファイアは対象とその周囲に200〜250のダメージ。

ヘルファイアは炎、デスファイアは闇の属性です。

ターゲットになった人は、

できるだけ周りに誰もいない方へ走り巻き添えをださないようにしましょう。

 

イオナズンとイオグランデは、敵の周囲全員にそれぞれ100程度、200程度のダメージ。

技名を見てから下がれば十分回避可能です。

 

ジゴスパークも同様に、周囲全員に200程度のダメージ+マヒの効果です。

マヒガードで防ぐことはできますが、キラキラポーンでも防ぐことが可能。

また、マヒの時間も5秒程度の短いものなので、

わざわざマヒガードを用意するまでではないでしょう。

 

一番要注意なのは、怒り時のベホマです。

せっかく削ったHPが、9,999回復されてしまいます。

怒り状態になるのは、HPが減っていき名前が黄色・赤になったときだけでなく

こちらのかいしんのいちげきが出たときにも怒るようです。

怒ったら、ベホマをされてしまう前にすぐにロストアタックをしましょう。

 

PT構成例

<<戦士 ー 武闘家 ー 僧侶 ー 僧侶>>

 

この構成では、戦士がやいばくだきをすることによって、

ベリアルの通常攻撃を2回耐えられるようになります。

ヘナトス腕でタイガークローをするより、

一番確実にヘナトスを入れる事が可能なので安定します。

まだ慣れていない人はこの構成がオススメです。

 

戦士視点その1

 

 

戦士視点その2


公開日:
最終更新日:2013/07/23