まいあがれ!おもち団!

おもしろ攻略ブログ。ドラクエ10の楽しさをお届けします!レベル上げ、金策日記、強ボス、スキル、モンスター冒険記、など盛りだくさん!

*

ウルベア魔神兵強

 

urubea

 

HP:12100程度 攻撃力:580程度 守備力:380程度

行動:打撃、回転斬り、ガレキ落とし、暗黒魔力砲

 

必要耐性:転びガード、闇耐性(ロイヤルバッジ)

 

 

 

基本戦略

3体(A、B、C)が同時に出現します。

僧侶の回復呪文や「しゅくふくの杖」、「やくそう」など

回復させる対象全てに怒る傾向があります。

開幕から、常に誰かに怒っている(ほぼ僧侶)状態のため

いかに早く1体目を倒せるかどうかが鍵になってきます。

 

こちらからの攻撃手段は、物理でも魔法でもOKですが、

物理でバイキルトなしのタイガーの場合

攻撃力が280あっても、100以下×3のダメージしか入りません。

よって、物理PTの場合は

魔戦をいれるか、すてみのあるバトマスを採用するなど

バイキルト入りでの攻撃をすることが必要です。

 

 

ウルベア魔神兵強の行動パターンとその対策

敵の攻撃は打撃がほとんどですが、補助呪文などがないと2発耐えることができません。

物理PTの場合は、ヘナトス効果のついたウデ装備をしていくとよいでしょう。

魔法PTの場合、わざわざヘナトスをする必要はありませんので

できるだけ急いで1体目を倒してあげましょう。

 

暗黒魔力砲は、それほど脅威ではありませんが

ロイヤルバッジがあれば装備していきましょう。

耐性がなくても、致命的なダメージではありません。

 

ガレキ落としをくらった場合、転んで一定時間動けなくなるため

転びガードは必ず装備していきましょう。

 

回転斬りは、通常攻撃の3/4のダメージと吹っ飛ばしをくらいます。

この吹っ飛ばしは、耐性装備では防ぐことができませんので

できるだけくらうことがないように、周りを見て行動しましょう。

 

また、ステージに柱が多く、敵の足も遅いため

ターゲットされていたり怒られた場合

走り続けることで、敵をひきつけることができます。

余裕のある人は、僧侶の負担を減らしてあげるために

やくそうを使ったり、しゅくふくの杖をして自分にひきつけるとよいでしょう。

 

 

PT構成例・動画

魔法使い ー 魔法使い ー 僧侶 ー 僧侶

敵が回復行動をとる味方に怒りやすいことを利用した攻略方法です。

天地のかまえを有効活用します。

ご参考までにどうぞ〜

 

 

こちらは怒らせたまま逃げ続けることで一方的に倒してしまう攻略法です。

 

 

 

<<バトルマスター ー バトルマスター ー 僧侶 ー 僧侶>>

こちらは物理攻撃主体の構成です。

僧侶が2人いるので、全滅しづらい構成といえるでしょう。

 

 

 

<<魔法使い ー 魔法使い ー 賢者 ー 僧侶>>

こちらは、後半敵が減ってきたときに攻撃力が上がる構成です。

賢者は前半3体敵がいるときは回復に徹します。

敵が減ってきたら一気に攻勢に出ます。



公開日:
最終更新日:2013/07/21