まいあがれ!おもち団!

おもしろ攻略ブログ。ドラクエ10の楽しさをお届けします!レベル上げ、金策日記、強ボス、スキル、モンスター冒険記、など盛りだくさん!

*

魔軍師イッド強

 

idd

 

<魔軍師イッド強>

HP:14420程度 攻撃力:300程度 守備力:300程度

行動:打撃、メラガイアー、イオグランデ、
ひかりのはどう、指パッチン、
ディバインスペル、いてつくはどう

 

<魔兵ヒプノス強>
HP:7900程度 攻撃力:400程度 守備力:335程度
行動:打撃、ラリホーマ、マホトーン、ガードマスター

<魔兵タナト強>
HP:7600程度 攻撃力:335程度 守備力:320程度
行動:打撃、テンションバーン、ベホイム、ザラキ

 

★必要耐性:魅了ガード、封印ガード、眠りガード、MP吸収ガード

 

基本戦略

3体が同時に登場します。

3体それぞれ攻撃や魔法が強力なので、常に誰かはダメージをくらっています。

敵が減るまでは、ホイミなどではなくベホマラーで全体回復がいいでしょう。

 

構成は魔法・物理ともにOKですが、物理PTならバイキルトが必要です。

魔法PTの場合、できるだけ3体にあたるよう全体攻撃をすれば討伐タイムがぐっと縮まります。

 

イッドの行動パターンとその対策

一体ずつ攻撃していく場合、一番攻撃力の高く魔法が厄介なヒプノスから倒しましょう。

マホトーン・ラリホーマを使用してくるので

最低でも、僧侶は封印ガードを用意する必要があります。

ガードマスターは、ビックシールドのようにガード率のあがる技です。

ゴールドフィンガーや零の洗礼でかき消してしまうのも有効ですが

放置でも特に問題はありません。

 

次にタナトですが、一番厄介な技は「テンションバーン」です。

これは、攻撃をするたびにテンションが上がっていく技ですが

ロストアタックは、同時にダメージも入る(=またテンションが上がる)ので意味がありません。

タナト以外への攻撃時はスルーでかまいませんが

タナトへ攻撃している最中であれば、ゴールドフィンガーなどでかき消しましょう。

 

最後にイッドですが、イッドは攻撃力が低いかわりに魔法が強力です。

耐性がないと、メラガイアー・イオグランデで200〜300程度くらいます。

魔法・僧侶であれば水のはどろもセットを、それ以外は竜のおまもりを装備しましょう。

イオグランデは、技名が表示されてから逃げても十分間に合います。

また、指パッチンは5割程度の確率で魅了の効果なので、ぐるぐるメガネも必須です。

僧侶やツメなどのアタッカーが魅了されると危険なので、

すぐにツッコミをいれられるようにしておきましょう。

もちろん余裕があれば、キラキラポーンもかけておくのもアリです。

 

PT構成例

<<バトマス — 僧侶 — 盗賊 — 魔戦>>

バトマス視点

 

 

<<僧侶 ー 魔戦 ー 武闘家 ー 盗賊>>

僧侶視点

 

公開日:
最終更新日:2013/07/21