まいあがれ!おもち団!

おもしろ攻略ブログ。ドラクエ10の楽しさをお届けします!レベル上げ、金策日記、強ボス、スキル、モンスター冒険記、など盛りだくさん!

*

怪蟲アラグネ強

 

kumo
<アラグネ強>
HP:16,700程度 攻撃力:555程度 守備力:325程度
行動:通常攻撃、死グモのトゲ、メダパニ、異種仲間呼び、ひかりのはどう、いてつくはどう、呪縛糸

<からくりしょうぐん>
HP:1200程度 攻撃力:158
行動:打撃、おうえん、じばく

 

★必要耐性:しばりガード、混乱ガード

 

 

基本戦略

からぐりしょうぐん2匹と共に登場。

からくりしょうぐんは、アラグネへのおうえんをするため厄介です。

アラグネが途中で呼ぶこともありますが、まずはからくりしょうぐんから先に倒しましょう。

 

構成として魔法・物理PTともにOKですが、

しゅび力が高めなので物理時はバイキルトがあるといいでしょう。

ただ、盾なし職は呪縛糸でしばられてしまうので、行動不能時間が発生します。

しばりGありのパラや戦士などの前衛+魔法の構成で、

魔法はアラグネに近づかないようにするのが一番安定する方法でしょう。

 

怪蟲アラグネ強の行動パターンとその対策

一番厄介なのは、「死グモのトゲ」です。

通常の状態では、その時の残りHPの6〜8割程度のダメージですが

からくりしょうぐんに応援されると1,5倍のダメージになり、高確率で即死します。

そのため、前衛はからくりしょうぐんのおうえんを気にしつつ

アラグネにおうえんしていたら、最速でロストアタックができるようにしておく必要があります。

通常の死グモのトゲの場合は、ベホマラーを合わせればOKです。

 

また、上記のように呪縛糸をはいてきますが

しばりGがあれば特にすることはありませんので、ラッキー行動です。

ぶきみなひかりをする位置でしばられますので、

魔法使いはさがっておき、ぶきみは前衛に任せるのがよいでしょう。

 

メダパニは成功確率がかなり低いです。

ほとんど心配する必要はありませんが、たまにくらってしまったときのため

ツッコミのコマンド位置を確認しておくくらいでOKです。

 

PT構成例

<<パラ ー 魔法 ー 魔法 ー 僧侶>>

パラディン視点(ソロプレイ)

 

 

公開日:
最終更新日:2013/07/21