まいあがれ!おもち団!

おもしろ攻略ブログ。ドラクエ10の楽しさをお届けします!レベル上げ、金策日記、強ボス、スキル、モンスター冒険記、など盛りだくさん!

*

【調理職人マニュアル】調理職人で☆3ができる仕組みとコツと詳しい解説〜その2〜

      2014/04/08

前回の続きです!

 

前回を見てない人や忘れちゃった人はコチラからどうぞ!

 

【調理職人マニュアル】調理職人で☆3ができる仕組みとコツと詳しい解説〜その1〜

 

前回は

 

・職人で☆3が出るメカニズム

・調理で☆3ができるメカニズム

・調理で☆3をつくるのに重要な特技の紹介

 

などなどの内容となっておりました。

 

 

それらを踏まえた上で、今回は更に詳しく解説!

今回はわかりやすいようにブログ読者限定公開の動画も用意しました!

 

・偽会心とは具体的にどういうこと?

基準値の見分け方

焼き方のコツ

・会心じゃないと無理とか無理じゃね?

 

今回の調理職人の話は、鍛冶系のものと共通な話題が多いので武器、防具、道具職人の方にも少しは参考になるかもしれません。

 

 

 

ドラゴンクエスト10

 

 

偽会心ってどういうこと?

結論から言うと、「偽会心なんてない」で終わりなのですが

それだとよくわからないのでもうちょっと詳しく!

 

 

全箇所が会心のてごたえでもダメなときがある理由

会心が全部出たのに☆3にならなかったケースです。

 

 

偽会心というのは、このケースのときに

「どれかの会心が偽だったんじゃねえか!ちっ!!」

って思って名付けたんだと思います。

 

 

まず、会心に偽とかはないです。

 

 

もうちょっと具体的に言うと

「会心のてごたえだったけど、基準値に届かなかった」

といのを、便宜的に偽会心と呼んでるだけって感じですねー。

 

 

呼び方としてはいいですが、意味合いがまったく違うので勘違いしないようにしましょう。
一番上に戻る

 

基準値の判断方法

基準値だったかどうかは、会心のてごたえのときにのみ判断可能です。

 

・「会心のてごたえ」で奇数の数値

・「このまま焼く」の数値×2以下の数値

 

2本目のゲージ(赤色ゲージ)で以上の2つの数値が出たときに基準値ということが確定します。

※偶数だったり、このまま焼く数値×2の場合でもちょうどそこが基準値だった、というケースももちろんあります。

 

全ての食材を基準値に合わせる(近づける)ことで☆3が完成します。

 

クイックケーキのように1つしか焼かない場合は、基準値からズレていると☆3はできません。

逆に、スマッシュポテトのように6つ焼いて仕上げるような場合は、3つ4つくらい基準値からズレていても☆3になることはよくあります。

 

つまり、食材の数によって、基準値にどれだけ近づければいいのかが変わってきます。

食材の数が多い程、基準値からずれていても大丈夫ということですね。

 

 

具体的にはこういうこと

これは簡単ですね。

「このまま焼く」が13とか15前後だったのに対して、会心の数値が4でした。

つまり

 

・「このまま焼く」の数値×2以下の数値

 

に当てはまりますので会心のてごたえで基準値に届いたことが確定します。

 

 

 

 

まずは黄色い丸いのから見て行きますと

 

2本目(赤色)のゲージ で17(奇数)が出ているので基準値に到達したことが確定しました。

 

 

そして肝心なのが、目玉焼きのほうです。

 

会心は出たけど、24の数値。

しかも真ん中で焼いたときの数値は12〜18なので、

その2倍の数値である24、26、28、30、32、34、36の数値の場合は、基準値に達していない可能性がある。

つまり、いわゆる偽会心の可能性が高い、ということです。

 

結果は☆1でしたね。

予想通り、基準値に届いていなかったことが判明しました。

 

このように、基準値に届いていないと、全て会心で仕上げても☆3にならないことがあります。
一番上に戻る

 

焼き方のコツ

2本目のゲージの長さはほぼ一定なのです

「そろそろ仕組みは理解できてきたけど、じゃあ具体的にはどうしたらいいの?」

結局は「ねらい焼き」で仕上げるのがいいんですが、ポイントをおさえましょう。

 

・2本目のゲージの長さは30くらいで一定(検証不十分ですがこのくらいです)

1本目の終わりか、2本目のはじめくらいに「ねらい焼き」がオススメ!

 

この2点が基本です。

 

 

次は応用編。

※応用編は調理職人レベル30以上の方向けです。わからない場合は読み飛ばしちゃってくださいね。

 

・高難易度の調理で出現する、「次のマス会心率と火力がアップ」「4マスの火力がアップ」

・強火焼き

 

上記で焼く数値がほぼ2倍になります。

さらに

 

・強火焼き中の「次のマス会心率と火力がアップ」「4マスの火力がアップ」

 

となるとほぼ4倍になります。

 

そこでさらにさらに!

「ねらい焼き」をすることによって8倍、つまり100前後の数値を出せます。

 

この場合、「かいしんのてごたえ」が出れば基準値がほぼ確定です。

(100以下で)会心が出なかったとしても、4倍程度(50前後)の数値になるので、

こういう場合は積極的に狙っていきましょう。

これは、鍛冶などでも同じなので、慣れてきたら試してみてください。

一番上に戻る

 

 

会心じゃないと無理とか無理じゃね?

会心じゃないと無理って散々書いてきたように思えますが、そんなことはないです!

マグレもあります!!w

 

 

このように、会心が出なかったとしても、大成功する場合はありますので最後の最後までわからないのが面白いところですね。

(木工とか裁縫は、仕上げる前にもう出来の良さがわかってしまうのです)

 

 

もっちのやり方試してみる前にコレ見てからね!

あと、今回のもっちのやり方をマネすると、会心が出なかったときにやばいので

一応、1個目で会心が出なかったバージョンも紹介しておきます!

これやるには完熱封じを覚えていないといけないので、完熱封じをまだ覚えていない場合は

バランスよく焼いていきましょう。

 

 

 

 

 

という訳で、今回も長くなってしまいましたけれども

いかがでしたでしょうか。

ちょっとわかりにくい部分もあったかもしれませんが、なにか参考になれば嬉しいです。

 

これだけ基本をおさえていれば、あとはたくさん作ってみるのみです!

目指せ!黒字!

 

一番上に戻る

 - 動画, 職人