まいあがれ!おもち団!

おもしろ攻略ブログ。ドラクエ10の楽しさをお届けします!レベル上げ、金策日記、強ボス、スキル、モンスター冒険記、など盛りだくさん!

*

レグナードの行動パターンと必要な耐性まとめ

   

常闇の竜レグナードに何度も挑戦して、敵の行動パターンとか必要な装備がわかってきたのでご紹介します!

 

レグナード

レグナードについてはこちらもどうぞ!

【Ver3.1後期情報】常闇の竜レグナードの攻略情報まとめ

 

レグナードの行動パターンとその対策

通常攻撃

2回連続の攻撃です。通常攻撃とはいえども、かなり要注意な攻撃。
パラディンなどでも素で2発くらってしまったらやられてしまうほどの威力。
真・やいばくだきやファランクス、もしくはヘナトスなどの対策が必要となる。
痛恨はしてこないです。

※危険な状態の場合、威力がさらに上がる。

はげしいおたけび

これもかなり要注意。特にターンエンドでの使用率が高め。
くらうとふっとび状態となり、一定時間動けなくなる。
発生が早いので、ツッコミよけや後ろにまわりこむのも難しい。いちお後ろにいれば回避可能。
戦士やパラディンなどで相撲メインで戦う場合はけっこう注意してないとまずい。
キャンセルショット、たいあたり、チャージタックルなどでキャンセルできる場合もある。
パラディンの聖騎士の堅陣でやりすごすこともできる。
なお、割合ダメージなので死ぬことはない。

ウイングダイブ

レグナードが向いている方向直線上に範囲攻撃。移動速度低下の追加効果

ただし、発生が遅め。左右に動けば回避可能。
魔法使いなどで遠くにいても直線上にいるとあたるので後衛職は特に注意。
なお、2回判定があるので、くらってしまったらほぼ即死。
ターンエンドでも選択されやすく、よけやすいので、はげおたじゃなくてこっちならラッキー。

テールスイング

レグナードの周辺広範囲に即死級のダメージ。

「テールスイング!」の表示中にジャンプができれば回避可能なので、必ず回避しよう。
単発攻撃なので、聖女の保険がきくことを覚えておこう。
表示が出た瞬間にジャンプをすれば避けられる。
これが回避できるかどうかがけっこう重要なので敵から視線を切らないように注意。

いてつくはどう

こちらの良い効果を打ち消す。ダメージはなし。

怒ってるときによく使ってくる印象。
パラディンガード中にやられると大変だったりするので注意。

ひかりのはどう

レグナードにかかっている悪い効果を全て消す。

これのためにデバフを1つはかけた状態にしておきたいところ。

紅蓮の炎

ターゲットとその周囲にブレス系炎属性の大ダメージ。そしてターゲットを中心に円形のダメージエリアを生成する。ダメージエリアに3秒間いると大ダメージをくらうので注意。

ブレス系の攻撃なのでブレスガード耐性100%で大ダメージは無効化できる。
ダメージエリアまで無効化はできない。なお、検証してみたところ、道具屋で販売しているトラマナミストなどではダメージエリアは無効化できなかった。
ダメージエリアの上にいないように注意しよう。

霧白の氷塊

ターゲットとその周辺にブレス系氷属性の大ダメージ。そしてターゲットを中心に円形の行動不能エリアを生成する。行動不能エリアに3秒間いるか、コマンドを入力すると一定時間凍ってしまい行動できなくなる。

ブレス系の攻撃なのでブレスガード耐性100%で無効化できる。
行動不能エリアからはすぐに移動して離れること。

シャイニングブレス

即死級のブレス系光属性ダメージ+呪文封印+特技封印

キラポンや封印耐性で防げるが、ブレス耐性を100%にして防ぐのが一番。
ダメージを受けずに、済むし封印耐性もいらなくなる。

ダークネスブレス

即死級のブレス系闇属性ダメージ+呪い+全属性耐性低下

キラポンや呪い耐性でも対策はできるが、一番いいのはブレス耐性を100%にすること
ダメージを受けずに済むし、呪い耐性もいらなくなる。
呪いにはMPが徐々に減っていく効果がある。かなりの勢いで減っていくのですぐにおはらいをしよう。

 

裁きの雷槌

敵のHPが25%減ると行動パターンに追加。対象とその周囲広範囲に雷属性の大ダメージ+感電+マヒ

新しいデバフ、「感電」にかかってしまう攻撃。感電しているキャラは一定時間ごとにダメージを受け、近くにいるキャラにもダメージを与えてしまう。
ダメージの間隔が毒より早いので注意。道具使いのプラズマリムーバーで解除可能。
さらに、盾スキルの「まもりの盾」で50%ほどは感電の追加効果を受けずに済む。

※感電ダメージは通常時はダメージ45、危険時には90となり、手がつけられないほどの痛手となる。

竜の咆哮

かなりの広範囲にわたり強制ショック状態にさせられる。そして敵にミラクルブーストとウォークライとピオラ2段階の効果がかかる。

レグナードのHPが半分を切ると行動パターンに追加される。
この行動が一番やっかい。
このショック状態はかなり長めで2ターン分ほど動けなくなる。
さらに敵の攻撃とともに敵のHPが回復していく。

キラポンやおびえ耐性で検証してみたところ、防ぐことができなかった。
かなり遠くに離れることで回避可能だが、発生してから移動しても間に合わない。
発生自体をチャージタックルやたいあたり、キャンセルショットなどでつぶすことで回避可能だが、確実ではない。やられてしまっても、零の洗礼やゴールドフィンガーでバフを解除しよう。

唯一、盾スキルの「まもりの盾で」一定確率で防ぐことができました。

 

 

必要な耐性装備について

ブレスガード

上記の行動パターンからして、もっとも重要になるのがこのブレスガード。
ブレス耐性を100%以上にすることによって、ブレス系ダメージを受けなくなるのはもちろんのこと、レグナードのブレスの追加効果を受けないようになります。
心頭滅却やフバーハなどで2段階ブレス耐性を上げることによって40%確保できます。
残り60%を盾装備やからだ上装備などでカバーしましょう。
ブレス耐性が装備のみで80%を越えていれば、フバーハ1回でもよくなります。

 

マヒガード

裁きの雷槌の対策です。僧侶は特に必要。

マヒで動けない状態で感電でHPが減っていくのはよくある全滅するパターンです。
ブレスとマヒだけなので、からだ下装備で耐性のついているものを用意しましょう!

封印ガード・呪いガード

ブレス攻撃の追加効果としてくらいます。ブレス耐性が100%を超えない場合は必要。

超えている場合でも保険としてあるといいが、必須ではない。

レグナードの重さについて

レグナードは重さ698で試したところ、拮抗できず、徐々におされました。

重さ746で試した場合では拮抗することができました

レグナード戦の「パラディン魔法構成」で必要な重さと立ち回りについて

レグナードの強さは変化する

レグナードの強さは日によって変化します。

危険な状態のときはかなりの強さになります。

判別方法はこちら

【レグナード(危険)攻略情報】危険な状態だとドラゴンビート発生

レグナード(危険)について

敵の攻撃力や防御力、属性耐性などが上がり、ドラゴンビート(味方死亡時敵のテンションアップ)までつきます。

そして、HPまで上昇しているのでかなりの難易度になります。

 

構成について

勝てる構成をいくつか紹介します!

魔法構成

  • パラディン
  • 魔法使い
  • 賢者
  • 僧侶

パラディンに1人でレグナードと拮抗できる重さがあるかどうかが重要。ズッシード時に740を目安にしましょう。

魔法使いや賢者はすぐに死ぬので、パラディンがはげおたでふっとんだときに他のメンバーがカバーできるPSがあるかどうかが重要。

パラディンは聖騎士の堅陣や、ファランクス、ウエイトブレイク、キャンセルショット、スタンショット、プレートインパクトなどを駆使して、なんとか食い止めます。

別ページに動画と説明をまとめました!

レグナード戦の「パラディン魔法構成」で必要な重さと立ち回りについて

戦士2構成

  • 戦士
  • 戦士
  • 道具使い
  • 僧侶

戦士が順番に真やいばくだきとチャージタックルを入れていく戦法。

全員ブレス耐性60%以上、マヒガード100%を準備しましょう。

道具使いは感電対策でプラズマリムーバーまでしっかりとっておくこと。

戦士はブレス耐性の都合上、どうしても片手剣になるので、ドラゴン斬りの宝珠をしっかりつけましょう。鉄甲斬のために1時的にオノにもちかえるのはアリ。

この構成で挑戦した動画はこちらから

レグナードにまさかの「アイテム禁止縛り」で挑戦した結果・・・。【おもち団チャレンジ第3弾】

スパ2構成

  • スーパースター
  • スーパースター
  • 賢者
  • 僧侶

とりあえず勝ちたい人や初心者向けの構成。タゲ下がりとかが不安な人はこの構成でまず慣れるまでやってみるのもアリ。

スーパスターのメイクアップがかなり有効なので、切らさないようにしておくと有利に戦えます。
耐性装備はなしでも勝てますが、僧侶だけはあったほうが楽になります。
ゴールドシャワーやボディーガードでお金はかかりますが装備代はとくにいらない構成。

常闇の竜レグナードの難易度低めな討伐方法と構成について(初日版)

報酬は2種類の宝箱!

報酬は

  • 紫色の宝箱 ー レグナライト3個
  • 赤色の宝箱 ー 小さなメダル、常闇の砂、レグナライト

の2種類があります。紫色の宝箱は1日に1度だけゲットできます。赤色の宝箱は何度でもゲットできます。

竜牙石は負けてもなくならない!

レグナードに挑戦するのに必要な「竜牙石10個」は勝つまでなくなりません。

なので、挑戦して負けたからといって、また竜牙石を集める必要はありません。

 

Ver1を思い出す感じの強敵「レグナード」

なんだか、昔の強ボスを思い出しますね!

このあいだロベルトとも話してたんだけど、Ver1のころは、蜘蛛からイエローオーブを取るためにずっと戦ってました。最初はほとんど勝てなかったしw
天魔とかは強すぎて全然通ってもいませんでした、当時は。

今思うとそのころから僧侶とかパラとか盗賊とかいろんな職業やってました。
なつかしす。

レグナードみたいな強敵ボスがもともとは「強ボス」というコンテンツだったような気がします。
アップデートして、プレイヤーが成長したとしてもレグナードもどんどん強くなってほしいとおもいました。いや、むしろレグナード以外にも同じくらい強いボスを10種類くらいは用意してほしいとおもいました。

レグナードはまだ実装間も無く、いろいろな職業でいけていないので、もっといろいろ試してみたいと思っています!

 

【Ver3.1後期情報】常闇の竜レグナードの攻略情報まとめ

 

 - ボス攻略